邦楽コース/音楽学部・大学院

邦楽コース/音楽学部・大学院

多彩なアンサンブルを通して、仲間と切磋琢磨しながら合奏・演奏能力を高め、個性を伸ばす。

音楽教育コースの特長

音楽教育コースの特長

音楽の技術、指導法、歴史を幅広く学び、
教育者としての土台を築く。

教員をめざす人に最適なコース

教職科目の多くが必修科目となっており、中学校・高等学校教諭第1種免許状(音楽)の取得に最も有利なコースです。人と音楽との関わりについて広く学ぶ中で、音楽教育に役立つ基礎的科目を重点的に学びます。

知識、技術、指導法と総合的な音楽技能を修得

教員として必要な指導法や技能を身につけるほか、音楽と他分野との関わりや歴史など、幅広く音楽の知識を学びます。ピアノや声楽実技以外の管・弦・打楽器や邦楽器の演奏法を学び、総合的な音楽技能を修得します。

授業クローズアップ

音楽教育演習

音楽教育演習

学校教育における音楽の授業で必要とされる技術を修得します。中学校音楽科の教材を用いて、歌唱、器楽、編曲、作曲、合唱、鑑賞などの指導法について、模擬実践を通して学びます。

楽書講読

楽書講読

音楽教育を専攻する学生のための必修科目です。担当教授の自著をテキストとすることにより、著者と読者(学生)が音楽を学ぶこと・楽しむことの関係性について討論を行い、音楽への理解を深めます。

MY MEION LIFE

親切な先生方がいるから、理想を高く掲げられます

齋藤 久美さん

オープンキャンパスで先輩方の明るくあたたかい雰囲気を感じ、めいおんで学びたいと入学しました。講義では先生たちが親切に指導してくださり、わからない事や相談には丁寧に応えてくださいます。さまざまな楽器に触れられるめいおんの環境で、多くの知識を身につけ、将来は自分が憧れた先生のように生徒に慕われる教員になりたいです。

音楽教育コース必修科目

Ⅰ期(1年次前期)

専門実技
  • 音楽教育の課題
専門演習  
専門共通
  • ソルフェージュⅠ
  • 作曲法Ⅰ
  • 合唱Ⅰ
  • リコーダー合奏
  • 西洋音楽史
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅰ
    (ピアノに限る)
  • 声楽実技Ⅰ
  • 管・弦・打楽器実習Ⅰ
  • 器楽実技Ⅰ※2

Ⅱ期(1年次後期)

専門実技
  • 音楽教育の方法
専門演習  
専門共通
  • ソルフェージュⅡ
  • 作曲法Ⅱ
  • 合唱Ⅱ
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅱ
    (ピアノに限る)
  • 声楽実技Ⅱ
  • 管・弦・打楽器実習Ⅱ
  • 器楽実技Ⅱ※2

期(2年次前期)

専門実技
  • 音楽学の課題
専門演習
  • 音楽教育演習Ⅰ
専門共通
  • ソルフェージュⅢ
  • 合唱Ⅲ
  • 音楽科教育法Ⅰ
  • 音楽教育史
共通実技  

期(2年次後期)

専門実技
  • 音楽学の方法
専門演習
  • 音楽教育演習Ⅱ
専門共通
  • ソルフェージュⅣ
  • 合唱Ⅳ
  • 音楽科教育法Ⅱ
共通実技  

期(3年次前期)

専門実技  
専門演習  
専門共通
  • 合奏
  • 日本音楽の歴史
  • 楽書講読
共通実技  

期(3年次後期)

専門実技  
専門演習
  • 音楽学演習
専門共通  
共通実技  

期(4年次前期)

専門実技  
専門演習
  • 卒業研究※1
  • 卒業論文※1
専門共通
  • 指揮法Ⅰ
共通実技  

期(4年次後期)

専門実技  
専門演習
  • 卒業研究※1
  • 卒業論文※1
専門共通
  • 指揮法Ⅱ
共通実技  

※1=卒業研究・卒業論文のうちいずれか選択必修
※2=管・弦・打・邦楽器実技より1科目

学納金

1年次

入学金 200,000円
授業料(入学時) 500,000円
授業料(秋学期) 500,000円
教育充実費(入学時) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 1,700,000円

2年次以降

授業料(春学期) 500,000円
授業料(秋学期) 500,000円
教育充実費(春学期) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 1,500,000円

※1主専攻(メジャー)・1副科実技(サブマイナー)を履修の上限とする。

音楽学部音楽学科・大学院研究科

資料請求はこちら

学校見学会のお申し込みはこちら

活躍する卒業生

MEION SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Line