映像音楽コース
ホーム > 大学案内 > 音楽学部・大学院 > 映像音楽コース

映像音楽コース

専門技能・知識を活かし、映像音楽に関する
高度な構成力と創作力を身につける。

【映像音楽コースの特長】

映像音楽に関する幅広い技能・知識を身につける

デジタル機器を用いて、映像音楽を「構成する力」「制作する力」身につけます。「映像に音楽をミックスする」「映像にミックスする音楽を制作する」という目的を明確にすることで、音楽制作に必要な知識を習得し、さらには効果的な技能の向上をめざします。

卒業後は、多岐にわたる分野での活躍が可能

充実の音楽環境と最新設備のなかで、実践的なカリキュラムを通して専門性の高いスキルを身につけます。卒業後は、映像音楽クリエイター、音楽プロデューサー、映像音楽の制作現場、映像コンテンツ制作会社など、多岐にわたる分野での活躍が可能です。

映像音楽制作研究

映像音楽制作研究

現代社会において需要のあるテレビドラマ、CM、映像音楽、ゲーム音楽等についてその原理や歴史を学び、それらを踏まえた実習を通して実際の制作に必要な知識、技術を身に付けていきます。

創作技法演習

創作技法演習

コンピュータ、エレクトロニクス機器による音楽制作、DTMの理解、実習を通じて基本的な技術、MIDIデータの取扱、録音、ミキシング等の習得をめざし、映像課題に音楽を付けることを実践していきます。

映像音楽コース必修科目

講師陣から
動画タグと差し替えてください。
講師名 講師名
地位
講師名 講師名
地位
講師名 講師名
地位
講師名 講師名
地位
 
  専門実技 専門理論 専門共通 共通実技
1年次 Ⅰ期 ●映像音楽制作研究Ⅰ ●創作技法演習Ⅰ ●ソルフェージュⅠ
●合唱Ⅰ
●作曲法Ⅰ
●西洋音楽史
●器楽実技Ⅰ※1
Ⅱ期 ●映像音楽制作研究Ⅱ ●創作技法演習Ⅱ ●ソルフェージュⅡ
●合唱Ⅱ
●作曲法Ⅱ
●器楽実技Ⅱ※1
2年次 Ⅲ期 ●映像音楽制作研究Ⅲ ●創作技法演習Ⅲ    
Ⅳ期 ●映像音楽制作研究Ⅳ ●創作技法演習Ⅳ    
3年次 Ⅴ期 ●映像音楽制作研究Ⅴ ●創作技法演習Ⅴ    
Ⅵ期 ●映像音楽制作研究Ⅵ
●学内作品発表
●創作技法演習Ⅵ    
4年次 Ⅶ期 ●映像音楽制作研究Ⅶ ●創作技法演習Ⅶ    
Ⅷ期 ●映像音楽制作研究Ⅷ
●卒業作品
●創作技法演習Ⅷ    
※マイナーカリキュラムの履修については「こちら」をご参照ください。
※1=鍵盤・管・弦・打・邦楽器実技より1科目