大学案内

教員紹介

伊藤 晴

itou hare

職名 講師
専門分野 ソプラノ
経歴 三重大学卒業。武蔵野音楽大学大学院修了。日本オペラ振興会オペラ歌手育成部第25期修了。ミラノ、パリで研鑽を積み、パリ地方国立音楽院コンサーティスト・ディプロマ課程修了。第9回藤沢オペラコンクール第2位。

藤原歌劇団に《ラ・ボエーム》ムゼッタ役で本公演デビューを飾り、《カルメン》(山田和樹指揮、岩田達宗演出)ミカエラ役で出演し、2019年には同団《ラ・トラヴィアータ》(佐藤正浩指揮、粟国淳演出、東京文化会館)ヴィオレッタ役で出演予定。

他にも山形交響楽団《ヘンゼルとグレーテル》グレーテル、みなとみらいホールオペラ《人間の声》、小澤征爾音楽塾XⅢ子どものためのオペラ《子どもと魔法》《ジャンニ・スキッキ》を始め、《フィガロの結婚》スザンナ、《魔笛》パミーナ、《ドン・ジョヴァンニ》ドンナ・アンナ、《コジ・ファン・トゥッテ》フィオルディリージ、《ドン・パスクアーレ》ノリーナ、《愛の妙薬》アディーナ、《修道女アンジェリカ》アンジェリカ等多くのオペラに出演。

現代オペラでは丹波明《白峯》待賢門院役、石黒晶《みすゞ》金子みすゞ役等、世界初演作品を始め、日本オペラ協会に《天守物語》亀姫、《夕鶴》つう役で出演。

またコンサートでは、セイジ・オザワ松本フェスティバル「第九」ソロ、バッティストーニ指揮東京フィル「カルミナ・ブラーナ」ソロを始め、モーツァルト「レクイエム」、「メサイア」、グノー「聖セシリア荘厳ミサ」、メンデルスゾーン「真夏の夜の夢」等のソリストを務め、海外ではサル・プレイエルやマントヴァ歌劇場でのコンサートで活躍する。藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。

声楽を馬場浩子、吉池道子、近藤富佐子の諸氏に師事。

第9回藤沢オペラコンクール第2位。

第82回日本音楽コンクール(オペラ)入選。

藤原歌劇団団員。日本オペラ協会会員。

学位、業績等 -
研究テーマ 舞台表現、フランス歌曲の発声法
趣味 -
メッセージ -
URL https://www.hareito.com/biography

 

 

資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生