大学案内

教員紹介

山口 恭範

5山口恭範先生

職名 客員教授
専門分野 パーカッション
経歴 東京藝大を卒業後、欧米で研鑚を積み、1966年パーカッションソロリサイタルを開催し注目される。1970年大阪万博にて武満徹の「シーズンズ」初演。1972年より10年間新日本フィルハーモニーに在籍。同年Pfの高橋アキ、Flの小泉浩とグループ「ARK」を結成。1983年、武満徹企画の「第11回Music Today」でソロリサイタルを行う。1993年、ベルリン芸術週間で石井眞木作曲、指揮による打楽器コンチェルト「砕動鬼」を初演。2004,5年、オペラプロジェクト「タケミツ・マイウェイ・オブ・ライフ」にソリストとして出演(ベルリン、パリ、東京)。2008年M.F.Jの招聘で、ニューヨーク、ワシントン等でコンサート、同時にジュリアード音楽院のマスタークラスで「武満の愛した音」をテーマにレクチャーを行う。その他、ワルシャワの秋、パリの秋、ロンドン、タングルウッド、アビニオン、ウィーン、リンカーンセンター等の主要音楽祭に出演するなど、内外で演奏活動を続けている。1983年に第1回「中島健蔵賞」、2004年、第13回「朝日現代音楽賞」受賞。1992年、ソロCD「イリュージョン」をアイオロス、レーベルより発表。名古屋音楽大学客員教授。「アンサンブル タケミツ」メンバー。
学位、業績等 -
研究テーマ -
趣味 -
メッセージ -
URL -
資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生