弦楽コース/音楽学部・大学院

弦楽コース/音楽学部・大学院

多彩なアンサンブルを通して、仲間と切磋琢磨しながら合奏・演奏能力を高め、個性を伸ばす。

弦楽コースの特長

弦楽コースの特長

個々の能力を最大限に引き出す、一流講師陣の指導。
経験を通して音楽的表現を発展させる。

一流講師陣の指導により、個々の可能性を引き出す

演奏力と指導力を兼ね備えた一流の講師陣が指導にあたり、ソリストとして個性的な能力を育成します。またオーケストラや室内楽、弦楽四重奏などの合奏にも取り組むことで視野を広げ、個々が持っている可能性を引き出します。

実際の舞台に立つことで磨かれる演奏力・合奏力

室内楽ではピアノ三重奏や弦楽四重奏などの本格的な演奏に取り組みます。定期的に演奏会も開催されており、多くの経験を積むことで合奏の楽しさを知り、演奏力を高めていきます。

授業クローズアップ

オーケストラ

オーケストラ

オーケストラの一員として求められる演奏技術や役割について学びます。まずは基礎演習にはじまり、目標とする年1回の演奏会に向けて技術・知識を身につけながら計画的に曲を仕上げていきます。

弦楽合奏

弦楽合奏

実技レッスンで習得した技術を活かし、さらに音楽的表現を発展させるためにアンサンブルの技術を学びます。さまざまな曲を取り上げ、徐々にステップアップしながら合奏力を高めます。

MY MEION LIFE

仲間と切磋琢磨しながら音楽を楽しく勉強してください

山部 里恵さん

現在、ソロだけでなく、アンサンブルにも力を入れて取り組んでいます。オーケストラの授業が好きで、大編成で演奏することはもちろん、入学前よりも他の楽器の知識が増え、興味を持つことができました。また、他学年、他楽器との交流の場にもなり、授業後のお喋りも楽しみの一つです。今後も仲間たちと切磋琢磨もし合える関係でいたいです。

弦楽コース必修科目

Ⅰ期(1年次前期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅰ
専門演習
  • オーケストラⅠ
  • 弦楽合奏Ⅰ
  • 吹奏楽Ⅰ※1
専門共通
  • ソルフェージュⅠ
  • 作曲法Ⅰ
  • 合唱Ⅰ
  • 西洋音楽史
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅰ
    (ピアノに限る)

Ⅱ期(1年次後期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅱ
専門演習
  • オーケストラⅡ
  • 弦楽合奏Ⅱ
  • 吹奏楽Ⅱ※1
専門共通
  • ソルフェージュⅡ
  • 合唱Ⅱ
  • 作曲法Ⅱ
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅱ
    (ピアノに限る)

期(2年次前期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅲ
専門演習
  • オーケストラⅢ
  • 弦楽合奏Ⅲ
  • 吹奏楽Ⅲ※1
専門共通
  • 楽器研究
共通実技  

期(2年次後期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅳ
専門演習
  • オーケストラⅣ
  • 弦楽合奏Ⅳ
  • 吹奏楽Ⅳ※1
専門共通  
共通実技  

期(3年次前期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅴ
専門演習
  • オーケストラⅤ
  • 弦楽合奏Ⅴ
  • 吹奏楽Ⅴ※1
専門共通
  • 楽式論
共通実技  

期(3年次後期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅵ
  • 学内演奏
専門演習
  • オーケストラⅥ
  • 弦楽合奏Ⅵ
  • 吹奏楽Ⅵ※1
専門共通  
共通実技  

期(4年次前期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅶ
専門演習
  • オーケストラⅦ
  • 弦楽合奏Ⅶ
  • 吹奏楽Ⅶ※1
専門共通  
共通実技  

期(4年次後期)

専門実技
  • 弦楽奏法研究Ⅷ
  • 卒業演奏
専門演習
  • オーケストラⅧ
  • 弦楽合奏Ⅷ
  • 吹奏楽Ⅷ※1
専門共通  
共通実技  

※マイナーカリキュラムの履修については「こちら」をご参照ください。
※1=コントラバス・ハープを専攻する者のみ

学納金

1年次

入学金 200,000円
授業料(入学時) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(入学時) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 2,000,000円

2年次以降

授業料(春学期) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(春学期) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 1,800,000円

※1主専攻(メジャー)・1副専攻(マイナー)・1副科実技(サブマイナー)を履修の上限とする。

音楽学部音楽学科・大学院研究科

資料請求はこちら

学校見学会のお申し込みはこちら

活躍する卒業生

MEION SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Line