管楽コース/音楽学部・大学院

管楽コース/音楽学部・大学院

多彩なアンサンブルを通して、仲間と切磋琢磨しながら合奏・演奏能力を高め、個性を伸ばす。

管楽コースの特長

管楽コースの特長

多彩なアンサンブルを通して、仲間と切磋琢磨しながら
合奏・演奏能力を高め、個性を伸ばす。

多様なアンサンブルで合奏力・演奏力を高める

オーケストラや吹奏楽、管楽合奏などのアンサンブルを重視し、それぞれの醍醐味を味わいながら合奏・演奏能力を高めていきます。カルテットやクインテットなどのさまざまなアンサンブルに自主的に取り組むことで、切磋琢磨しながら個性を伸ばしていきます。

管楽の魅力を味わえる定期演奏会

日頃の練習の成果や磨き上げたテクニックを披露する場として、オーケストラをはじめとする定期演奏会を開催しています。その他、吹奏楽、管楽アンサンブルなど、管楽の魅力を存分に味わえる4年間が待っています。

授業クローズアップ

吹奏楽

ピアノ演奏理論

外国曲、邦人作品を問わず、音楽大学にふさわしい楽曲の合奏研究に取り組みます。課題となる作品を通して、奏者個々の自主的な演奏を重視しつつアンサンブルを身につけます。

管楽合奏

ピアノ伴奏法

小アンサンブルを編成し、古い時代の作品から現代作品に至るまで幅広く合奏の仕方について学びます。またサクソフォーンオーケストラにも取り組み、アンサンブルと共にその感性も磨きます。

MY MEION LIFE

音楽が常に身近にあり、自分自身を高められます

太田 朱音さん

めいおんの魅力は、素敵な先生方が大勢いらっしゃることです。レッスンでは先生方の丁寧な指導の下、曲の一つひとつを深く追究し演奏しています。大変なこともありますが、授業では新しい曲や難しい曲に挑戦することができ、常に大好きな音楽に触れられるため、楽しいことのほうが多いです。今後は、より技術の向上を目標に過ごしていきたいです。

管楽コース必修科目

Ⅰ期(1年次前期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅰ
専門演習
  • オーケストラⅠ
  • 吹奏楽Ⅰ
  • 管楽合奏Ⅰ
専門共通
  • ソルフェージュⅠ
  • 合唱Ⅰ
  • 作曲法Ⅰ
  • 西洋音楽史
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅰ
    (ピアノに限る)

Ⅱ期(1年次後期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅱ
専門演習
  • オーケストラⅡ
  • 吹奏楽Ⅱ
  • 管楽合奏Ⅱ
専門共通
  • ソルフェージュⅡ
  • 作曲法Ⅱ
  • 合唱Ⅱ
共通実技
  • 鍵盤楽器実技Ⅱ
    (ピアノに限る)

期(2年次前期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅲ
専門演習
  • オーケストラⅢ
  • 吹奏楽Ⅲ
  • 管楽合奏Ⅲ
専門共通
  • 楽器研究
共通実技  

期(2年次後期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅳ
専門演習
  • オーケストラⅣ
  • 吹奏楽Ⅳ
  • 管楽合奏Ⅳ
専門共通  
共通実技  

期(3年次前期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅴ
専門演習
  • オーケストラⅤ
  • 吹奏楽Ⅴ
  • 管楽合奏Ⅴ
専門共通
  • 楽式論
共通実技  

期(3年次後期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅵ
  • 学内演奏
専門演習
  • オーケストラⅥ
  • 吹奏楽Ⅵ
  • 管楽合奏Ⅵ
専門共通  
共通実技  

期(4年次前期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅶ
専門演習
  • オーケストラⅦ
  • 吹奏楽Ⅶ
  • 管楽合奏Ⅶ
専門共通  
共通実技  

期(4年次後期)

専門実技
  • 管楽奏法研究Ⅷ
  • 卒業演奏
専門演習
  • オーケストラⅧ
  • 吹奏楽Ⅷ
  • 管楽合奏Ⅷ
専門共通  
共通実技  

※マイナーカリキュラムの履修については「こちら」をご参照ください。

学納金

1年次

入学金 200,000円
授業料(入学時) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(入学時) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 2,000,000円

2年次以降

授業料(春学期) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(春学期) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 1,800,000円

※1主専攻(メジャー)・1副専攻(マイナー)・1副科実技(サブマイナー)を履修の上限とする。

音楽学部音楽学科・大学院研究科

資料請求はこちら

学校見学会のお申し込みはこちら

活躍する卒業生

MEION SNS
  • Facebook
  • Twitter
  • YouTube
  • Line