音楽学部

舞踊・演劇・ミュージカルコース

Dance Act Musical Course

一人の力がみんなの力に。
強い思いを舞台にぶつけよう

舞踊・演劇・ミュージカルコースの特長

各分野の専門家が指導にあたり、さまざまな実習と研究を通して
舞台芸術の総合力を養う。

舞台芸術に必要な総合力を身につける
歌唱力と表現力を兼ね備えた教授陣が、声楽の基礎から専門分野まで指導を行っています。学生の意向を尊重し、3年次からは歌曲実習かオペラ実習、どちらか一方を、あるいは両方ともに修得できるカリキュラムになっています。
オーディション選抜者に与えられる「舞台をつくる感動」
舞台に立つために必要な要素である舞踊、肉体表現、歌唱など舞台芸術の基礎を学びます。また生バンド演奏のミュージカルやオペラ公演など学内外での公演を積み、舞台を創り上げる喜びや楽しさ、充実感や達成感を感じられる授業を通じて、様々な分野で活躍できるプロフェッショナルなアーティストへと導きます。

授業クローズアップ

舞踊実習(日舞)
舞踊実習には、バレエ、日本舞踊、コンテンポラリィダンスの授業があります。日本舞踊の実習では着物の着付け、立ち居振る舞い、作法等も含めて日本の伝統の舞を学びます。
ミュージカル
ミュージカルが「音楽劇」であることを理解するため作品の背景やミュージカルに必要な歌唱力、芝居、ダンスの基礎を学び、舞台に必要なマナーや基礎知識を学びます。また、舞台人として必要な基礎的な舞台マナーやコミュニケーションを身に付け、人間力の向上も目指します。

舞踊・演劇・ミュージカルコース必修科目

Ⅰ期(1年次前期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅰ
専門演習
  • 舞踊実習Ⅰ※1
  • 演技・演出実習Ⅰ
  • ミュージカル歌唱法Ⅰ
専門共通
  • 合唱Ⅰ
  • ソルフェージュⅠ
  • 作曲法Ⅰ
  • 西洋音楽史Ⅰ
共通実技
  • 器楽実技Ⅰ※2
総合教育
  • 初年次教育

Ⅱ期(1年次後期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅱ
専門演習
  • 舞踊実習Ⅱ※1
  • 演技・演出実習Ⅱ
  • ミュージカル歌唱法Ⅱ
専門共通
  • 合唱Ⅱ
  • ソルフェージュⅡ
  • 西洋音楽史Ⅱ
共通実技
  • 器楽実技Ⅱ※2

Ⅲ期(2年次前期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅲ
専門演習
  • 舞踊実習Ⅲ※1
  • 演技・演出実習Ⅲ
  • ミュージカル表現法Ⅰ
  • 舞台芸術研究Ⅰ
  • ミュージカル演技演出法Ⅰ
専門共通
共通実技

Ⅳ期(2年次後期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅳ
専門演習
  • 舞踊実習Ⅳ※1
  • 演技・演出実習Ⅳ
  • ミュージカル表現法Ⅱ
  • 舞台芸術研究Ⅱ
  • ミュージカル演技演出法Ⅱ
専門共通
共通実技

Ⅴ期(3年次前期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅴ
  • 舞踊・演劇研究Ⅰ
専門演習
  • 舞踊実習Ⅴ※1
  • 演技・演出実習Ⅴ
  • ミュージカルⅠ
専門共通
共通実技

Ⅵ期(3年次後期)

専門実技
  • 歌唱研究Ⅵ
  • 舞踊・演劇研究Ⅱ
  • 学内発表
専門演習
  • 舞踊実習Ⅵ※1
  • 演技・演出実習Ⅵ
  • ミュージカルⅡ
専門共通
共通実技

Ⅶ期(4年次前期)

専門実技
  • 舞踊・演劇研究Ⅲ
専門演習
専門共通
共通実技

Ⅷ期(4年次後期)

専門実技
  • 舞踊・演劇研究Ⅳ
  • 卒業発表
専門演習
専門共通
共通実技

※マイナーカリキュラムの履修については「こちら」をご参照ください。

※1=バレエ・日本舞踊・コンテンポラリィダンスのうち、1科目はⅠ~Ⅵまで必修。

※2=鍵盤・管・弦・打・邦楽器実技より1科目

学納金

1年次

入学金 200,000円
授業料(入学時) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(入学時) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 2,000,000円

2年次以降

授業料(春学期) 650,000円
授業料(秋学期) 650,000円
教育充実費(春学期) 250,000円
教育充実費(秋学期) 250,000円
合計 1,800,000円

※1主専攻(メジャー)・1副専攻(マイナー)・1副科実技(サブマイナー)を履修の上限とする。

名古屋音楽大学 卒業生紹介