入学案内

奨学金制度/各種制度

1.日本学生支援機構(旧:日本育英会)奨学金制度について

日本学生支援機構(旧:日本育英会)は日本学生支援機構法により、優れた学生で経済的理由のために就学が困難な者に学資を貸与して教育の機会均等をはかり、社会の健全な発展に貢献しようとする目的の下に設立された国家的な奨学事業です。

出願と採用 奨学金の貸与を希望する学生は、学務課で説明を受け出願してください。日本学生支援機構法の奨学規程及び奨学推薦基準等により、適格者を選考のうえさいようされます。
出願時期 4月初旬(掲示で案内します。)
第一種
(無利子貸与)
最高月額 54,000円(自宅通学者) 最高月額 64,000円(自宅外通学者)
30,000円(自宅・自宅外通学者共通)
●平成30年度入学者より、上記月額に加え貸与月額が新設されました。自宅通学者の場合は、最高月額の外に、40,000円、20,000円が新設されました。4月分から貸与されます。
第二種
(有利子貸与)
貸与月額 20,000円・30,000円・40,000円・50,000円・60,000円・70,000円・80,000円・90,000円・100,000円・110,000円・120,000円
●平成30年度より下線の付いた月額が新設されました。希望により、採用された年度の4月から9月の間で希望する月から借りることができます。また、入学特別増額貸与として入学年月を始期として奨学金の貸与を受ける人は、希望により10万円・20万円・30万円・40万円・50万円の5種類の中から選択した額を初回振り込み時に限り増額して貸与を受けられます。
その他 緊急採用、応募採用等があります。(学務科窓口で相談してください)
返済について 奨学金は貸与であり、貸与修了後は「返還誓約書」奨学金借用に従って必ず返還しなければなりません。

※奨学金制度の詳細は、本学事務所(TEL 052-411-1192)にお尋ねください。

2.地方公共団体および民間の奨学金制度について

地方公共団体や民間企業、団体で育英奨学法人を設立して奨学生を募集しているところがあります。これらの募集については、募集方法がそれぞれ異なっており募集対象が限定されているものもあって一様ではありません。したがって、大学に通知のあったものについては、その都度掲示で案内します。

特待生制度

本学では、学業を奨励する意味で、「学力優秀で学生生活が健全な学生」に対して、審査の上、授業料の全額、半額、または4分の1の額を授与する特待生制度があります。

対象 2期次(1年次 秋学期)~4年次
人員 各年次 若干名
授与額 授業料の全額、半額、または4分の1の額
要件

1.前学期あるいは前年度の成績が優れ、特に実技(あるいはそれに相当する科目)の成績に秀でていること。

2.学生生活が健全な学生。

期間 当該学期(1学期)或いは当該年度(1ヶ年)
停止 特待生にもとる行為があった場合

その他の制度

国の教育ローン(日本政策金融公庫)
政府系金融機関である日本政策金融公庫が取扱っている制度で、教育一般貸付・郵貯貸付といったものがあります。
詳細は、日本政策金融公庫のホームページにてご確認下さい。

銀行等金融機関の教育ローン
本学は、4つの金融機関、「株式会社セディナ」、「株式会社オリエントコーポレーション」、「株式会社ジャックス」、「楽天銀行」と提携して、学費サポート制度を設けております。
詳細は各ホームページにてご確認下さい。

※こちらの制度は、貸付制度です。確実な返済計画を立てた上でお申込み願います。

資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生