大学案内

教員紹介

基村 昌代

7基村昌代先生

職名 講師
専門分野 イタリア・ドイツの声楽作品
経歴 愛知県立芸術大学卒業、同大学院修了。ドイツ国立デトモルト音楽大学に留学。ドイツ国立デトモルト音楽大学夏期講習会に参加しディプロマ授与。ドイツ・ソリストの為の国際音楽アカデミー(IMAS) の奨学金オーディションに合格、講習を受講しディプロマ授与。滋賀県立芸術劇場びわ湖ホール専属歌手として5年間活動の後、イタリアにて2年間研鑽を積む。日本音楽コンクール入選、JILA音楽コンクール2位(1位なし)、日本クラシック音楽コンクール3位、全日本音楽家協会ベストプレイヤーズコンテスト・グランプリ、日本演奏連盟新人オーディション合格・中日賞、なにわ芸術祭にて新人賞・大阪府知事賞・大阪市長賞・大阪製紙賞、国際ワーグナー歌唱コンクール国内オーディション入選、世界オペラ歌唱コンクール「新しい声2001」アジア大会成績優秀者、日本代表としてドイツ本選に出場し審査員全員一致で特別賞を受賞しルネ・コロ氏より絶賛される。オペラでは「修道女アンジェリカ」の助修女でデビューの後、「イル・トロヴァトーレ」「海賊」「椿姫」「アッティラ」「カヴァレリア・ルスティカーナ」「アドリアーナ・ルクヴルール」「カルメン」「ファウスト」「コジ・ファン・トゥッテ」「魔笛」「フィガロの結婚」「ドン・ジョヴァンニ」「マルタ」「こうもり」「メリー・ウィドウ」に主演の他、多数のオペラに出演。ブルガリア・ソフィア芸術祭、在仏パリ日本大使館公演、イタリア・サンタ・フィオーラ第5回国際音楽フェスティヴァルのほか、ドイツ・イタリアの各地でのコンサート、第九演奏会、宗教曲ソリスト、世界オペラ歌唱コンクール「新しい声2003」アジア大会成績優秀者演奏会にゲスト出演、全国二期会サミットコンサートⅢ(全国の二期会6団体より選抜メンバーによるコンサート)に名古屋二期会代表、第48回国連音楽会の他、各種演奏会に多数出演。 

現在、桜花学園大学准教授、名古屋音楽大学及び同朋高等学校音楽科非常勤講師、名古屋二期会コンセルヴァトーリオ講師、滋賀県立芸術劇場びわ湖ホールソロ登録要員、名古屋二期会会員、日本演奏連盟会員、オペラアンサンブル歌暦会員、女性合唱団「牧の会」指揮者。

「著書」教育や保育に携わる人々のための「新・声楽指導教本」児童、幼児教育課程・保育士養成課程用(共著)

学位、業績等 -
研究テーマ 音声生理学を踏まえた上での歌唱及び音楽表現法
趣味 旅行
メッセージ 一人ひとりのパーソナリティや能力に応じて、学生の皆さんからより一層豊かな感性を引き出すお手伝いができればと考えています。
URL 基村昌代オフィシャルブログhttp://ameblo.jp/masayo-kimura/
資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生