大学案内

教員紹介

橋本 眞介

職名 准教授
専門分野 クラリネット 吹奏楽  オーケストラ
経歴 香川県出身。高松第一高等学校音楽科、武蔵野音楽大学を卒業後、シエナウインドオーケストラを経て、広島交響楽団に入団。NHK-FM洋楽オーディション合格。NHK-FMリサイタル出演。1995年よりロータリー財団奨学生としてドイツ国立リューベック音楽大学に留学、クラリネットをザビーネ・マイヤー教授に師事。同大学修了試験を最高点で卒業。
1997年帰国し同楽団に復帰。以後、NHK交響楽団等主要オーケストラに首席客演奏者として出演。ソリストとしては1992年〜2016年に渡り度々広響とモーツァルトの協奏曲等を共演。1999年10月よりTSSテレビ新広島の音楽プロデュース。
主宰する広島クラリネットアンサンブルより「タナトス」「チャールダシュ」「暁の変容」の3CDを㈱ブレーンよりリリース。
第30回広島県民文化奨励賞受賞。
全国各地でのクリニック、吹奏楽コンクールやアンサンブルコンテスト等の審査など幅広く活動。
現在、名古屋音楽大学准教授、活水女子大学客員教授、エリザベト音楽大学、明和高校音楽科、同朋高校音楽科各非常勤講師、ヤマハオフィシャルクラリネットアーティスト、日本クラリネット協会理事、広島クラリネットアンサンブル主宰、なにわオーケストラルウィンズ、CrazyClassixメンバー。
学位、業績等 第30回広島県民文化奨励賞受賞https://gyoseki.doho.ac.jp/ncmhp/KgApp?kyoinId=ymiiyoobggy
研究テーマ クラリネットの演奏法
吹奏楽 オーケストラ 室内楽
趣味 バイク キャンプ 温泉
メッセージ 名音大で音楽を思う存分楽しみませんか?
全力でサポートします!
URL http://blog.goo.ne.jp/clshin
資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生