大学案内

教員紹介

近野 賢一

konno

職名 講師
専門分野 声楽(バリトン)ドイツ歌曲、宗教曲
経歴 北海道伊達市出身。新潟大学教育人間科学部を経て、京都市立芸術大学大学院修士課程音楽研究科修了。2007年に渡独し、バーデン・ヴュルテンベルク州立フライブルク音楽大学リート・オラトリオ科及びオペラ科を最優秀の成績で卒業。2012年バイエルン州立ミュンヘン音楽大学大学院歌曲科をマイスターディプロムを得て修了後、帰国。これまでに、オペラでは『ヘンゼルとグレーテル』ペーター、『ディドとエネアス』エネアス、『フィガロの結婚』アルマヴィーヴァ伯爵、フィガロ、『魔笛』パパゲーノ、弁者、『ペイシェンス』コロネル、『ペレアスとメリザンド』ゴロー等を演じ、ソリストとしては『戴冠ミサ』、『メサイア』、『第九』、『パウルス』、『聖チェチーリアミサ』、『ヨハネ受難曲』、『マタイ受難曲』、『ロ短調ミサ』『レクイエム(モーツァルト、フォーレ、ブラームス)』『さすらう若人の歌』に出演した。2005年以降、新潟、京都、鹿児島、北海道、東京、高崎、フライブルク、ミュンヘン、ベルリンにて意欲的にリーダーアーベントを行い『遥かなる恋人に』『美しい水車屋の娘』、『冬の旅』、『詩人の恋』、『リーダークライスop.24&39』、『四つの厳粛な歌』『リュッケルト歌曲集』『子供の不思議な角笛』など多数の作品を取り上げている。2006年青山音楽記念館バロックザールにおける歌曲リサイタルに対して青山音楽賞新人賞を受賞。友愛リートコンクール第三位、併せて日本歌曲賞受賞。大曲新人音楽祭コンクール奨励賞受賞。JSG国際シューベルト歌曲コンクール第三位、ポーランドでの第17回キェイストゥット・バツェヴィッチ記念国際室内楽コンクールリート部門第三位、オーストリアでの第16回ブラームスコンクール入選。

日本ドイツリート協会会員。現在、岐阜大学助教、名古屋音楽大学講師。

学位、業績等
研究テーマ ドイツ歌曲における発音法・アンサンブル法
趣味
メッセージ
URL
資料請求はこちら
学校見学会のお申し込みはこちら
活躍する卒業生